お知らせ

2021-05-09 22:06:00

授乳すると気分が悪くなる方へ。

「不快性射乳反射」を知っていますか?

 

授乳中、授乳後に気分が沈んだり、不安定になったりと不快感が生じます。

これは、個人の性格や価値観の違いによって生じる物ではありません。

 

授乳によって起きるホルモンバランスが原因です。

「大切な我が子の授乳に対して嫌悪感や不快感を感じるなんて」と

自分を責めてしまうお母さんもいらっしゃると思います。

 

大切な事なのでもう一度言います。

「貴方のせいではありません。性格のせいでもありません。」

 

原因はホルモンのアンバランスです。

授乳時にドーパミンというリラックスや幸福感、安堵感に関係するホルモンの量が

一時的に低下する事で、気分が落ち込みます。

 

これはみんなに起こる事です。

ですが、影響の出やすい人とそうでない人がいます。

性格や価値観、努力度、愛情の程度などは全く関係ありません。

なる人はなります。

 

「食事を気をつけてみて下さい」

 

赤ちゃんのお世話が大変過ぎて、お母さん自身の食事は適当になってしまいがちです。

食事の量、バランスが悪くなると気分の落ち込みなどは強くなる可能性があります。

 

特に

・チーズ

・豆類

これらには、リラックスや安堵感に関係するドーパミンの材料になります。

 

いちいち気にするのは難しいという方は

ジュニア向けのプロテインが、オススメです。

豊富な栄養素が含まれていて、手軽です。

 

もちろんプロテインを主食にするのは絶対にダメです。

大前提として、食事をしっかり摂って下さい。

毎回気をつけるのが大変!という場合の補助と考えて下さい。

 

不快性射乳反射について詳しく知りたい方は下記のご参照ください。

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/9372

 

今回は、脳性麻痺や肢体不自由のお子さんの話ではありませんでしたが

まわりで悩んでいる方がいたら教えてあげて下さい。

 

 

 

2021-04-28 14:00:00

コロナワクチン接種しました!

4月28日の昼、1回目のワクチンを勤務している病院で接種しました。

腕の痛みがある程度で体調に変化はありませんでした。

お子さんに対応する仕事なので、ちょっと悩みましたが受けました。

IMG_20210428_173927_011.jpg

2021-04-27 20:05:00

お座りやうつ伏せの練習法

脳性麻痺などの高緊張のお子さん、染色体異常などの低緊張のお子さんどちらにも必要な練習です。

 

リハビリでも

「お家でも練習してみて下さい。」と言われるかと思います。

しかし、お母さんの中には

・やり方が分からない。

・間違った方法でやってしまって大丈夫?

など、疑問や心配が浮かぶと思います。

 

 

今回のテーマは、そんな姿勢練習の方法について。

 

ーうつ伏せの練習ー

うつ伏せが苦手な理由は、いくつかあります。

・呼吸がしにくい。

・動きにくい。 など

IMG_20210426_224125.jpg

 

写真の様にクッションを入れると、呼吸のしにくさや圧迫感などが軽減して練習しやすくなります。

 

 

ー横向きの練習ー

IMG_20210426_224721.jpg

ボールを抱きかかえる様に、より掛かる事で簡単に横向きの練習が出来ます。また、タオル枕を入れてあげるとより安定します。

 

 

ーお座りの練習ー

IMG_20210426_225656.jpg

脚で挟む様にすると安定します。少しずつ、補助を減らして行くのが理想です。

 

首が座っていないお子さんは、まずはうつ伏せからスタートしましょう。

 

姿勢保持や、それに伴う筋緊張のコントロールは自力で学習するしかありません。

脳性麻痺のお子さんだと筋緊張が入り過ぎたりしますが、学習出来ない訳では無いので少しずつトライしてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

2021-04-17 21:34:00

寝返りを促す!

Blogを更新しました。

 

脳性麻痺や染色体異常などの肢体不自由のお子さんは

多くの場合、運動発達が遅れます。

 

最初に気になるのが「寝返り」です。

今回の内容は、寝返りを促すには?という内容です。是非、ご査収下さい。

https://ameblo.jp/hori198706/entry-12669028960.html

 

2021-04-07 23:51:00

リラックスする大切5つの理由

Blogを更新しました。

脳性麻痺児は、筋緊張が高く交感神経が高ぶっている事が多いです。

その為、リラックスの重要性が際立って高いと考えます。

今回の記事ではリラックスの重要性について書きました。

https://ameblo.jp/hori198706/entry-12667118227.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...