ブログ

2022-04-04 08:56:00

腰部脊柱管狭窄症の話

20220404_083432_0000.png

 

 

腰部脊柱管狭窄症とは?

青丸で囲われている所が脊柱菅です。

脊髄神経(神経の束)が通る骨性のトンネルです。(腰の横断面を上から見ている図)

20220404_085508_0000.png

 

この脊柱菅が狭くなるのを脊柱菅狭窄症と呼びます。

 

 

有病率で10人に1人

簡単に言えば、

「あなたは腰部脊柱管狭窄症です。」と

医師に診断された人の割合です。

 

診断されていない人も含めれば、高齢者のほとんどが脊柱菅狭窄症に近い状態と考えるのが妥当です。

 

何故なら普通の加齢的変化だからです。脊柱菅狭窄症になる、近しい状態になる事は異常な事ではありません。

つまりは程度の問題と言えます。

 

 

脊柱菅狭窄症は必ず痛いのか?

そんな事はありません。程度の問題なので、大丈夫な方もいます。

腰部脊柱菅狭窄症の特有の症状は

10~15分歩くと脚が痛くなり、休むと改善する。

というのがあります。

 

それ以外は、加齢に伴う一般的な腰痛症や変形性腰椎症と類似します。

 

その痛みや症状がどの程度脊柱菅狭窄症から来ているかは、厳密には分からないので典型的な症状が無ければ過度に心配する事は無いと思います。

 

ただし!

 

 

医師の診察は受けましょう

 10~25%の割合で、

末梢性動脈疾患を合併しているケースがあります。

 

例えば、腰部脊柱管狭窄症でよく聞く話として

「自転車は大丈夫なんだけどね」というのがあります。

 

末梢性動脈疾患の場合、歩行でも自転車でも脚が痛くなったり、疲労感や重さを感じる事が多いです。

 

脊柱菅狭窄症に限りませんが、1つの疾患のみとは限りません。

定期的に医師の診察を受けましょう!

 

 

注意したいセルフケア

それは、脚のストレッチです。

下記の図はSLRという疼痛誘発テストです。

image5.jpeg

やっている事は脚のストレッチと同じです。

 

このテストは坐骨神経が伸ばされる事で痛みが出たり、シビレが出るか?を見るテストなので脊柱菅狭窄症の人がセルフケアとしてストレッチを行うと、毎日痛めつける事になります。

 

シビレや痛みが明らかな場合や最近症状が増えたという様な時は控えた方が良いです。

 

2022-03-30 09:39:00

よくある質問

3568750_s.jpg

 

 

よくある質問

 

ー料金についてー

・税込みですか?

当院は全て税込み価格です。

 

・施術費用以外にかかりますか?

1回分の施術費用以外、料金を頂く事はありません。

 

・回数券、物販など勧められますか?

現状、当院では回数券や物販は取り扱っておりません。物販など取扱が生じても無理に勧める事はありません。

 

・複数の施術メニューを受ける必要はありますか?

当院では慢性腰痛の方、脳性麻痺のお子さん各々に対応したメニューが1つずつしかありません。

複数メニューを受けて合計金額が上がる事はありません。

 

 

ー施術についてー

・施術は痛いですか?

痛みの改善には痛みを伴う事はデメリットしかありませんので、当院では痛い施術は行いません。

 

 

・ボキボキしますか?

関節を鳴らす様な操作は一切行いません。

 

・腰回りを触られるのが苦手なのですが大丈夫ですか?

大丈夫です。体操や運動、セルフケアをメインに行います。

 

・運動が苦手です。

運動というと筋トレをイメージされる方が多いですが、最初に行うのはラジオ体操の様な感じの体操です。

やれそうな物からやりますので大丈夫かと思います。

 

 

ー患者さんの属性ー

・どの様な人が来ていますか?

ヘルニアや脊柱菅狭窄症の手術後の方、特に原因が分からない方など、背景は様々です。

 

共通しているのは、何年も症状が改善せずどうしたらいいのか分からないといった所です。

 

また腰痛だけで無く一緒に

・睡眠の問題

・不安感、恐怖心が強い

などの悩みがある方です。

 

 

ー頻度、期間についてー

・月に何回来た方が良いですか?

最初は2~3回かと思います。

状態の安定や痛みや腰痛への理解度が深まり、自信が持てると月に1回などに減らして行き卒業となります。

 

御本人の都合などが最優先なので、目安程度にお考え下さい。

 

・どの位かかりますか?

当院は痛みゼロをゴールと考えていません。

腰痛のセルフコントロールが出来て、不安なく過ごせる様になる事をゴールと考えます。

 

結論としては時間がかかります。

これまでは7~8ヶ月ほど必要なケースが比較的多いかと思います。

 

 

上記以外にご質問がありましたら、問合せフォームやLINEからお願いします。

2022-03-30 00:15:00

病院へ行った方が良い症状

20220329_210940_0000.png

 

 

痛みの性質をチェック

①風呂の後、または就寝時に痛みが強くなったり明瞭になる

②ジッとしていても痛い

③ズキッとしてから持続性がある

 

これらは炎症反応由来の痛みである可能性があります、病院へ行きましょう。

 

 

痛みの出方をチェック

①決まった動作、決まった場所が痛い、また増減が少ない

②痛みが姿勢を変えても変化しない、楽な姿勢が無

 

①の場合、何らかの病理(原因)が潜んでいる可能性があります。

②の場合、多くの慢性痛、整形外科疾患には楽な姿勢があります。しかし内科疾患由来の痛みの場合は楽な姿勢が無いケースがあります。

 

 

他の身体症状をチェック

①理由のハッキリしない体重減少

②広範囲のシビレ(両下肢など)

③発熱に反応する痛み

④強い胸背部痛

⑤トイレでいきむと背中や腰が痛い、または痛みが増す

 

これらは低い確率ですが、命に関わる重大な疾患の可能性があります。

直ちに病院に行って下さい。

 

 

 

 

2022-03-17 15:34:00

痛みは脳で作られる

20220317_153421_0000.png

 

痛みは十人十色

なぜ人によって痛みの感じ方が違うのか?

それは痛みは、痛みのある部位(例えば腰)で感じている訳ではなく、脳で作られているからです。

 

 

痛みは脳で作られる

痛みの材料

・感覚

・記憶

・感情

・情報

これらが混ざり合って出来ています。

 

あなたはこれまで色々な情報を入手して痛みの概念を形成しました。

痛みの概念とは

「何がどうなったら痛みと感じるか?」という物です。

 

例えば

・悪い姿勢

・硬い筋肉

・骨盤の歪み

・関節の変形

・正しくない使い方

・筋力低下

これらの要素が1つ、または複数あると痛くなるという価値観や概念を持っている人が多いです。

 

しかしこれらはテレビや雑誌、多くの整体など商品やサービスを売りやすくする為に不安を煽る目的で使われた科学的根拠の無い要素です。

 

上に挙げた様な事を痛みと紐付けられた為に腰痛が長期化しているのです。

 

 

脳を変えれば痛みも変わる

脳が痛みを作る材料の多くはあなたの脳の中にある情報や価値観、解釈です。

 

その情報や解釈を修正すれば痛みは減ります。

歪み=腰痛

 

と解釈している人に、痛みの授業を行います。

・痛みが無い人も構造の異常はある

・骨格の差異は一般的な事、顔が違うのと同じ

・痛み=損傷、異常では無い

これらの事を科学的根拠を元に分かりやすく説明し、歪みと痛みのリンクを弱めます。

 

 

歪みや姿勢を原因とするデメリット

歪みや姿勢の差異は千差万別であり、一般的な事です。

これを原因とすると一生、痛みの悩みから解放されなくなります。

 

歪みや姿勢は腰痛の決定的な原因で無い事は科学的な事実です。

そして普通にみんなが有するものです。

 

つまり原因が無くなる事も無いし、アプローチしても影響が無い。

スッキリする、すぐに戻るの繰り返し。

 

あてのない旅の始まりです。

 

 

 

2022-03-14 21:42:00

なぜ安心が1番の鎮痛薬なのか?

20220314_210656_0000.png

 

脳は常に世界をモニターしている

脳は常にたくさんの感覚刺激を元に世界をモニターしています。

そして多様な解釈、判断、体験をします。

 

その中には本能的な判断も含まれます。

それは

安全か?危険か?

です。

 

危険と判断さらると、恐怖や不安などの情動と関連する扁桃体が活性化。

 

痛みの感度が上昇

 

逆に安全、安心は?

 

 

疼痛抑制系が活性化

人は安心や安全と感じると中脳水道周囲灰白質(PAG)が活性化、

・痛みの抑制

・睡眠の深化

などの反応が起きます。

 

この鎮痛機能はとても強力です。

ラット(ねずみ)の研究では鎮痛機能を活性化させる事で痛みを感じずに手術を行えたという報告もあります。

 

ソースリンク

限局性脳刺激によって誘発された電気鎮痛中のラットの手術

 

つまり人に備わる鎮痛機能は、麻酔に匹敵する効果があると言うことです。

 

痛みの授業が人生を変える

・慢性腰痛は悪化しません。

・痛みは損傷や異常を常に根拠にはしません。

・関節変形や軟骨の変性は、痛みが無くても持っています。

 

自信を無くす様な情報ばかりを植え付けられている事に気付く事が大切です。

 

あなたは腰痛であって然るべき身体をしている訳ではないのです。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...