ブログ

2022-05-12 20:49:00

睡眠と呼吸

20220512_185405_0000.png

 

寝ても疲れが取れないのは呼吸機能の低下が原因かも?

 

・寝てもスッキリしない

・寝ても頭が重い

・寝てもすぐに目が覚める

・身体が緊張している感じ

 

この様な症状は、しっかり呼吸が出来ていない可能性があります。

 

 

呼吸の役割

・血液、リンパ循環の促進

▶肉体疲労や身体の修復に必要

 

・脳脊髄液の循環の促進

▶脳の回復に必要

 

・副交感神経の活性化

▶睡眠の持続力に必要

 

ほとんどの人は背中や胸、お腹の筋肉の緊張から呼吸が浅くなっています。

 

 

睡眠不足は腰痛の敵

当院のブログでは再三お伝えしていますが、睡眠の質が低下すると鎮痛機能が低下して余計な痛みが増えます。

 

姿勢や歪み、使い方よりも強い悪化因子です。

 

 

お腹をゆるめ、胸郭を拡げ、背筋を鍛えましょう!

当院で行う呼吸への治療は

① お腹をゆるめる

呼吸でお腹がちゃんと膨らむように

 

② 胸郭を拡げる

背筋や体の横側を伸ばして、胸や背中が大きく拡がるように

 

③ 背筋を鍛える

背筋を鍛える事で背筋が伸びて、呼吸がしやすく安定します。