ブログ

2022-05-01 21:04:00

姿勢の本質

20220418_091736_0000.png

 

結論から

良い姿勢、悪い姿勢は存在せず、同じ姿勢を取り続ける事がマイナスに働く事があります。

 

 

姿勢神話のウソ

✓姿勢が悪いと歪む

✓姿勢が悪いと筋肉の負担

✓姿勢が悪いと痛くなる

✓良い姿勢は身体の負担を減らす

 

姿勢は痛みと多少関係がある程度で、よく言われる話は「昔からそう言われているから、そうだ」という慣習的な考えです。

科学的根拠や仕組みは説明出来ません。

 

 

姿勢の形より・・・

良い姿勢と悪い姿勢という形ばかり語られがちですが、重要なのは維持する時間です。

 

良い姿勢であっても同じ姿勢でずっといれば辛くなります。

色々な姿勢に切り替えながら過ごす方が良いです。

 

 

猫背のメリット・デメリット

✓メリット

筋膜や関節包、靭帯などのもともとの硬さ(剛性)に頼って、もたれる様に姿勢を維持できるので筋肉への負担が減ります。

 

✓デメリット

首の付け根へのストレスが増加、手のシビレを助長する可能性があります。

また呼吸が浅くなるという報告もあります。

 

 

いわゆる良い姿勢のメリット・デメリット

✓メリット

関節を包む膜や靭帯などがリラックス出来るので、関節のストレスが減る。

 

✓デメリット

関節のすぐ近くにある細かい筋肉に負荷がかかる、常に筋肉を硬くする必要があるので案外疲れる。

 

 

脚組のメリット・デメリット

✓メリット

片側のお尻に体重が乗りやすくなるので、組んでいる側のお尻や太ももの筋肉が圧迫されなくなり休憩出来る。

 

✓デメリット

組んでいるのと反対側の背中の筋肉やお尻の筋肉に負担が一手にかかる。

 

 

当院のアプローチ

全て姿勢には良い点も悪い点もあります。1つの姿勢を良いと伝えてしまうと、その姿勢ばかりに偏りデメリットも偏ります。

 

当院では実生活で活かせる生きたアドバイスをお伝えし、腰痛と楽に付き合える様に手助けしています。