ブログ

2022-04-14 16:34:00

夜中起きてしまう理由

20220414_162840_0000.png

 

自律神経の乱れ

人間の自律神経リズムは

・日中は交感神経

・夜は副交感神経

がそれぞれ優位になります。

 

交感神経は体温を上げたり、筋肉を動かしたりと活動に有利に働きます。

逆に副交感神経は消化・吸収や身体の回復に有利に働きます。

 

 

睡眠中は副交感神経が優位

夕方から徐々に副交感神経が優位になって行きます。睡眠中はもちろん副交感神経が優位で、交感神経は静かになります。

 

しかし睡眠が浅い、途中で起きてしまうといった悩みのある方は、睡眠中も交感神経が静かにしてくれません。

 

 

頭が冴えてしまう

睡眠中の交感神経活動が高いと、脳が冴えてしまい途中で起きやすくなってしまいます。

 

 

首の機能と睡眠

・デスクワーク

・スマホ首

など一点を見つめて首を固定する様な習慣。

 

・猫背

・座りっぱなし

など、長時間の姿勢のワンパターン化。

 

これらは首の「頭を支える」という機能を低下させます。

支える機能が低下した首に更にストレスが加わると

 

 

筋肉の緊張が底上げされる

 支えを強める為に脳は筋肉の緊張を底上げします。

その結果として交感神経の活動が高まります。

 

交感神経の活動が高まり過ぎれば、睡眠の質を低下させてしまいます。

 

当院では首の機能を高める為に、首と背中のエクササイズをオススメしています。

・首〜背筋のエクササイズLev1

3100614_s.jpg