ブログ

2022-03-09 20:14:00

実は人体に痛覚は無い

20220309_201350_0000.png

 

文字通りの痛覚は無い

 

「痛覚」と聞くと痛みという刺激を受け取り脳に伝えていると考えると思います。

 

あなたは10の刺激が痛覚に加えられたら10の痛みを感じると思いますか?

 

痛覚が文字通り痛み自体を伝えているならば、みんな同じ刺激には同じ痛みを感じるはずです。

 

実際の痛みは十人十色

 

例えば注射を受けて全員が同じ痛みを感じる事はありません。

これは痛覚が痛み自体を伝えていない事を示します。

 

痛覚は俗称です。

厳密には侵害受容器と言います。

侵害受容器が脳に伝えているのは、危険の可能性です。

 

「身体に害があるかも知れない刺激が来ていますよ!」とだけ

 

その為、同じ刺激(例えば注射)でも人によって痛みの程度や感じ方は異なります。

影響する因子は過去の経験や持っている情報、価値観や性格です。

 

脳がどう解釈するか?

 

侵害受容器から

「身体に害がある刺激かも知れませんよ」と伝えられた脳はどうするのでしょうか?

 

話をシンプルにします。

危険か否かを判断します。

危険と判断されれば、痛みに感じます。

危険では無いと判断されれば重さ・ダルさ程度かも知れません。

 

危険と判断しやすい状態がある

 

睡眠不足で疲れが溜まっていて、ストレス発散が出来ていない…

こんな状態は、脳が危険と判断しやすいです。

 

加えて姿勢や歪みなどと結び付けて考えてしまうと余計にストレス値が高くなり腰痛を感じやすくなります。