ブログ

2022-02-26 16:40:00

歪みが当てにならない3つのワケ

20220307_213156_0000.png

歪みは根本原因なのか?

 

原因とするには、いくつかの要素が必要になります。そのうちの1つが

・時間的先行

です。

 

Aが先に起きた事でBになった。

だからBはAの原因と言える。

※本来、時間的先行だけで証明は出来ません。

 

歪みが原因とするのは無理、無意味

歪みが発生した後に腰痛が起きた事を証明する必要がありますが、まず不可能です。いつ歪んだか?は誰にも分かりません。

 

加えて歪みは異常な事では無いと考えるのが医学的には一般です。

何故なら

・骨の形はみんな違う

・内蔵の大きさ、筋肉の付き方も違う

・同じ個体内でも骨の形は不揃い

 

なので、そもそも画一的な理想の骨格なんて物がありません。

顔の形、足の大きさ、身長、肩幅などみんな違います。これは骨格がみんな違う事を意味しています。

 

その歪みは正常?異常?

骨格の歪み、骨の形の差などは普通にある一般的な事と説明しました。

 

もう1つ問題なのは、その歪みが

・もともとある物

・最近出来た異常な物

どちらかが分からない事。

 

触って歪みが分かったとしても、それが正常か異常かを測る手段はありません。

つまり治療の対象なのか否かが分かりません。

 

これを医者に例えれば

「よく分からないけど、このお薬出しておきますね。」と同じ事です。

 

まとめ

① 歪みを原因と断定する事は不可能

② 歪みは顔や背格好が違う様に一般的

③ 歪みが正常か異常かが分からない

 

以上、歪みとはとても不確かなモノであり、セラピストの思い込みや解釈を含む根拠の希薄な現象です。