ボトックスや薬以外に

筋緊張を緩和する方法

を知っていますか?

 

 

  

 

こんな心配はないですか?

「なかなか寝返り出来ない。」

「背中や肩が硬いせいか呼吸が辛そう」 

「こんなに硬くて骨は変形したりしないの?」

「将来的に二次障害が心配。」

「自分から身体を動かす事が少ない。」

 

 

これらは筋緊張、硬さの影響が大きいです。

筋緊張が強いと運動や発育、呼吸や血液循環、食事や睡眠など色々な所に影響します。

日々の生活や成長、リハビリをより良くする為に"体調を整える"事に目を向ける必要があります。

 

それには、筋緊張や硬さから来る不快感や不調に対してアプローチしてあげる事が大切です。

  

 

 

 

緊張でパフォーマンス低下?

例えば背中やお腹の緊張は呼吸を邪魔します。

お子さんは胸部の骨格が未発達な為、主に腹式呼吸で息を吸っています。

その為、背中やお腹の緊張は呼吸を邪魔してしまいます。

 

加えて筋肉は緊張や硬さが強いと血管を圧迫し血液循環が低下します。

その為、少しの運動や姿勢保持で強く疲労を感じてしまいます。

 

呼吸が苦しかったり、疲れやすかったりすれば

本来持っている力をしっかりと発揮するのは難しいです。

 

また、知られていない所では何かに触れている、姿勢はどうなっているという様な体の感覚が鈍くなります。

緊張が強いと脳に"力込めてるぞー"という信号が伝わり続けます。その為、他の重要な感覚が鈍くなってしまいます。

 

筋緊張や硬さが、子供本来の元気やヤル気を減らす要因になっているのでは?と感じます。

そこをケアしてあげれば、子供達のパフォーマンスは向上する可能性があります。

 

 

 

 

「脱力する」を学ぶ?

マッサージで血液循環の改善を狙います。

何故なら脱力するには筋肉にたくさん酸素を送る必要があります。

筋肉の血流が上がると、脱力しやすくなります。 

 

ストレッチでは皮膚や筋肉を伸ばす事で、縮こまっている身体に伸びる感覚を学習させます。

皮膚感覚も良くなるので、身体の輪郭がクリアになって動きやすくなったりもします。

 

リラクゼーション(楽な姿勢をキープ) は、

力を抜く感覚をじっくり感じて学習。

脳にしっかり覚えて貰います。

何故なら脱力するのも運動です、力を入れるのを"やめる"という能動的な運動です。

 

脱力するには身体や筋緊張の調整、準備が不可欠です。

訪問マッサージではお子さんの体調、ペースに合わせて心身ともにリラックス、脱力状態に近づけるようにお手伝いします

 

少しでも脱力が出来れば・・・

・動くのが楽

・緊張の緩和

・呼吸が楽

・痛みが減る

などの効果が期待出来ます。

 

 

 

 

マッサージの副作用

マッサージを受け慣れないうちは

・疲労感

・だるさ

・動き難さ

などが起きる可能性があります。

 

疲労感やだるさは、例えるなら温泉の後の疲労感の様なものです。

循環が良くなった事でエネルギーを消費して一時的な疲労感を感じます。

 

また日常生活と比べて筋肉や皮膚をストレッチで伸ばしたり、バランス刺激を加えたりと刺激が多いのも起因していると思われます。

 

動き難さについては、いつもより筋緊張が下がる。体の感覚が変わると言った「いつもと何か違う。」事が原因です。

慣れてくるといずれの副作用も起き難くなります。

 

 

 

 

僕が貢献出来ると思うのは、

こんなお子さんです。

「緊張が強く呼吸もしんどい、寝たきりのお子さん」

 

背中や胸、お腹の皮膚の硬さや突っ張りを和らげてあげると呼吸がしやすくなります。

それと胸郭を動かしたり、ゆらす事で関節にゆるみや動きを出してあげるのも効果があります。

 

 

「生後一年前後で、運動発達がゆっくりなお子さん」

 

緊張が強く動き難い、その為に自分の身体に対して認識が弱い事があります。

マッサージや皮膚へのアプローチで認識を促す事が出来ます。

 

いずれも筋緊張や硬さが、1つの原因になっている事が多いです。

動きやすい身体、脱力しやすい身体作りが必要です。

じっくりと入念なマッサージはその点で、貢献しやすいと考えています。

 

 

 

 

ご家族の声(一部抜粋)

・脳室周囲白室軟化症の女の子

もともとマッサージ治療などは懐疑的でしたが、施術を受けて驚かされました。
いつも娘に夜中3回は起こされるのですが、1回目の施術の日の夜、初めて朝まで寝たのです。
その他にも四つ這いのポーズが取れるようになったり、重度の便秘だったのが自力で排便できるようになったり、徐々に色んな変化が出てきました。

 

・痙直型麻痺の男の子

先生に診て頂いて早3ヶ月が経ちました。息子はどうしても緊張が入りやすい為、毎日ストレッチや体操等を行ってはいたのですが、先生から教えて頂いたストレッチ方法はすごく息子の身体に合っていて身体がほぐれる気がします。リハビリの先生にも体が柔らかくなったと言われ、効果が出ていると感じました。

 

・染色体異常の女の子

子供との関わり方、触れ方、などすごく上手で子供の気持ちを尊重してくれて、人対人のコミュニケーションを大切にしてくださる方で、娘も安心して先生を受け入れてるなと感じています。

親としてもとても安心できます。娘の固いなと思う身体の部分も先生の施術を受けた後はふわふわしていてとても柔軟に骨や筋肉が自由に動くようになっているのを感じます。

 

・脳性麻痺の男の子

始めた当初は寝返りもハイハイも出来ず、座って目の前のおもちゃで遊ぶのがやっとの状態でした。

訪問頂くようになってから脳性麻痺における身体の構造や体幹を鍛える姿勢の取り方など、家でのケアも含め色々なことを教えて頂き、本人のやる気を引き出していくことが出来ました。

 

 

 

 

無料マッサージ体験3回パック

「興味はあるけど、合うかどうか分からないし」という方へ無料マッサージ体験を提案しています。また、僕も1回ではお子さんの状態やクセなどを把握出来ないので3回まで無料体験をご利用頂けます。

 

もちろん3回は強制ではありません、家の準備など大変だと思いますので1~3回のうち何回でもOKです。

 

【無料の理由】

・お子さんの体調、状態、気分によって必ずマッサージ出来る保証がない為。

・医学的、またはこちらの判断で不適応・不要と判断した場合にお断りする為。

(以前、運動機能等マッサージ不要と判断し、お断りした事があります。)

 

マッサージ出来なかった時の気まずさに耐えられないので、無料の方が気が楽なんです。笑

 

 

 

 

始めるなら、早い方が良い

小さいうちの方が、脳が発達途中な為リハビリやマッサージを行う事で変化しやすいのは事実です。

また、脳性麻痺児に多い二次障害として股関節のトラブルがあります。

筋緊張の緩和や姿勢などの管理・改善を早期から行う事である程度、予防出来る可能性があるようです。

 

 

無料お試し

合う、合わないがありますので、まずは受けてみて考えてみるのも良いと思います。

今現在の体調管理もありますが、将来の二次障害の発生リスクを減らす事にも繋ります。

ある意味では、お子さんの健康に対する投資でもあります。

 

マッサージ体験、お子さんの状態について

詳しい説明などをご希望の方は

下記リンクをクリックして下さい!!

マッサージの効果を体験する。

 

 

メニュー

ご家族の感想  スタッフ紹介  施術内容と理念  

マッサージ無料体験  保険対象となる疾患と症状例  ご利用までの流れ