眠くなる程、

ゆるめよう。

 

  1611814687993.jpg

 

 

 

お子さんに、こんな心配はないですか?

「最近寒いし、余計硬くなった気がする。」

「ずっと緊張していて辛そう。」

「変形したりしない?大丈夫?」

 

 

筋緊張が強いと、ドンドン硬くなるんじゃないか?骨格が歪むんじゃないか?と心配になると思います。自宅で頑張ってストレッチをする方もいます。

しかし、今度はやり方は合っているのか?どれ位やれば良いの?など、新たな心配事が増えて困りますよね。

 

当院では、ご家族の何をしてあげたら良いの?という不安・疑問の解消。

お子さんの辛い緊張や硬さ、痛み、不快感などの緩和・予防をマッサージやセルフケアなどのアドバイスを通して提供します。

 

最初によく生じやすい悩みについて情報整理と、当院の出来る事、出来ない事などを説明させて頂きたいと思います。

是非、読んでみて下さい。

 

 

 

 

そもそも筋緊張って何?

「緊張が強い」「緊張が弱い」には、大きく分けて2種類あります。

・神経系のトラブル

・筋肉のトラブル

1つずつ簡単に説明します。

 

① 神経系のトラブル

筋緊張の具合は、状況に応じて脳が調節しています。

脳に緊張をコントロールする、アクセルとブレーキがある様なイメージです。

【脳性麻痺などの緊張が強いタイプの場合】

緊張を軽減するブレーキが効き難い状態で、アクセルを「ヴォン、ヴォン!」といつも吹かして緊張しやすい状態です。

必要以上に緊張を高めてしまう為、動きが硬くぎこちなくなってしまい疲れたり、痛みを伴いやすく成ってしまいます。

 

【染色体異常などの緊張が弱いタイプの場合】

平衡感覚などの影響もあり、必要な緊張を出すアクセルが効き難い状態です。

姿勢や状況に応じて、緊張を高められないので、寝返りやお座りといった動作の獲得が遅れやすい傾向にあります。

 

② 筋肉のトラブル

こちらは、筋肉の性質の変化です。

例えが悪いですが、生肉を台所に放置しているのを想像して下さい。

時間が経つにつれ、変色・硬化といった変化が見られるようになると思います。

これが筋肉の性質が変化している状態です。

筋肉の性質が変化した為に、伸び難く硬い状態になっています。これを筋拘縮と言います。

似たような変化が、関節に起こる事もあります。これを関節拘縮と言います。 

麻痺が強かったり、寝たきりのお子さんは筋肉そのものが硬くなりやすいので注意が必要です。

 

 

 

 

そもそも麻痺って何?

簡単に言えば、運動の微調整が難しい状態です。

加えて、筋肉や皮膚から得られる身体感覚も阻害されている事が多いです。

 

運動は、まず自分の身体がどうなっているか?床や物体との位置関係はどうか?など

身体の内・外の情報を基に行われます。その情報をキャッチするのが皮膚や筋肉などです。

 

麻痺の改善には、自ら動いたり、姿勢を保ったりといった運動学習しかありません。

しかしカチンコチンの状態で行うのは大変です。マッサージで緊張を緩和する事で麻痺の改善を助けます。

 

 

 

 

筋緊張が強いことのデメリットは?

・動き難い、遊び難い。

・血液循環が悪い。

・睡眠の質の低下。

・骨や関節の変形に繋がる。

・呼吸が浅くなる。

・疲労しやすい。

・成長痛の様な症状が出やすい。

・身体感覚が分かり難い。

・二次障害に繋がる。

筋緊張が強いと、多岐にわたってデメリットがあります。

その為、お薬や注射、手術などの対策が数多くある訳です。

マッサージは、お薬や注射以外の緊張緩和手段としてあります。

苦痛を伴わずにケア出来るので、子供達に一定のメリットがあります。

 

 

 

 

マッサージが出来る事

最初に書いた2種類の筋緊張の内、神経系のトラブルによる筋緊張は緩和が可能です。

筋肉その物が変化し、硬くなった状態や関節が固まった場合はマッサージやストレッチでは基本的にどうにもなりません。。

無理矢理に伸ばしたり、動かせば骨折や脱臼の危険があります。

マッサージやストレッチを駆使して、身体と心のリラックスを促し、身体をほぐす事が可能です。

また、緊張が軽減すると動きやすくなります。遊びやすくなったり、リハビリがより効果的になります。

 

 

 

 

マッサージの効果とリスク

【効果】

・緊張の緩和。

・リラックス。

・呼吸苦の緩和。

・動きが楽になる。

・痛み、不快感の緩和。

etc

 

【リスク】

・施術後の疲れ、ダルさ

・ストレッチ等による一時的な痛みの誘発。

・エクササイズ後の筋肉痛様の症状。

・緊張が減る事による動き難さ。

etc

 

これまでに施術後にダルい様子で、いつもより早く寝てしまうという事がありましたが、痛みや怪我などを誘発した例はありません。

小児の身体特性を考慮して施術していますが、こういったリスクが全く無い訳ではありません。

 

 

 

 

ご家族の声(一部抜粋)

・脳室周囲白室軟化症の女の子

もともとマッサージ治療などは懐疑的でしたが、施術を受けて驚かされました。
いつも娘に夜中3回は起こされるのですが、1回目の施術の日の夜、初めて朝まで寝たのです。
その他にも四つ這いのポーズが取れるようになったり、重度の便秘だったのが自力で排便できるようになったり、徐々に色んな変化が出てきました。

 

・痙直型麻痺の男の子

先生に診て頂いて早3ヶ月が経ちました。息子はどうしても緊張が入りやすい為、毎日ストレッチや体操等を行ってはいたのですが、先生から教えて頂いたストレッチ方法はすごく息子の身体に合っていて身体がほぐれる気がします。リハビリの先生にも体が柔らかくなったと言われ、効果が出ていると感じました。

 

・染色体異常の女の子

子供との関わり方、触れ方、などすごく上手で子供の気持ちを尊重してくれて、人対人のコミュニケーションを大切にしてくださる方で、娘も安心して先生を受け入れてるなと感じています。

親としてもとても安心できます。娘の固いなと思う身体の部分も先生の施術を受けた後はふわふわしていてとても柔軟に骨や筋肉が自由に動くようになっているのを感じます。

 

・脳性麻痺の男の子

始めた当初は寝返りもハイハイも出来ず、座って目の前のおもちゃで遊ぶのがやっとの状態でした。

訪問頂くようになってから脳性麻痺における身体の構造や体幹を鍛える姿勢の取り方など、家でのケアも含め色々なことを教えて頂き、本人のやる気を引き出していくことが出来ました。

 

 

 

 

無料マッサージ体験3回パック

「興味はあるけど、合うかどうか分からないし」という方へ無料マッサージ体験を提案しています。また、僕も1回ではお子さんの状態やクセなどを把握出来ないので3回まで無料体験をご利用頂けます。

もちろん3回は強制ではありません、家の準備など大変だと思いますので1~3回のうち何回でもOKです。

 

【無料の理由】

・お子さんの体調、状態、気分によって必ずマッサージ出来る保証がない為。

・医学的、またはこちらの判断で不適応・不要と判断した場合にお断りする為。

(以前、運動機能等マッサージ不要と判断し、お断りした事があります。)

 

マッサージ出来なかった時の気まずさに耐えられないので、無料の方が気が楽なんです。

 

 

 

 

 

始めるなら、早い方が良い

小さいうちの方が、脳が発達途中な為リハビリやマッサージを行う事で変化しやすいのは事実です。

また、脳性麻痺児に多い二次障害として股関節のトラブルがあります。

筋緊張の緩和や姿勢などの管理・改善を早期から行う事である程度、予防出来る可能性があるようです。

 

 

まずはお試し

合う、合わないがありますので、まずは受けてみて考えてみるのも良いと思います。

今現在の体調管理もありますが、将来の二次障害の発生リスクを減らす事にも繋ります。

ある意味では、お子さんの健康に対する投資でもあります。

 

無料マッサージ体験をご希望の方は下記リンクからお申込み下さい。

【お試し】無料マッサージ体験

 

 

メニュー

ご家族の感想  スタッフ紹介  施術内容と理念  

マッサージ無料体験  保険対象となる疾患と症状例  ご利用までの流れ